みなさん、こんにちわ。ECCUBERの杉山です。

今回は、EC-CUBEのカスタマイズについて少し紹介しようと思います。

ご存知のようにEC-CUBEってフリーのパッケージで、その種類の中でも、かなりの機能が入っていて、プラグインなんかも使えて、ある程度のところまでは比較的早くお店を作ることができる・・・というのが、売りになっていますよね。

そんな機能満載なEC-CUBEであっても、世の中には様々な要望があって、プラグインじゃ追いつかない事もあるんですよね。

そんな時は、EC-CUBEをカスタマイズです。

カスタマイズって、お客様のEC-CUBEでやりたいことをできるようにする、つまりお客様専用に変えていくって事ですね。

カスタマイズの要望

では、カスタマイズって、どんな要望があるんでしょうか?
大きく分けると2種類ですね。

  1. システム間連携したい
  2. ECーCUBEへ機能を追加したい(販売、管理)

「システム間連携したい」

EC-CUBEで管理している情報と既存システムとを連携して、EC-CUBEの商品管理や売上管理をEC-CUBEで直接行うのではなく、既存のシステムで管理されている情報と連携するというものです。

商品は、日々新しいものが作られて、古いものが無くなっていきます。既存の商品管理システムがある場合、ここで商品情報は日々更新されています。この最新の情報を連携することでEC-CUBEでの商品情報を自動的に更新したいですよね。

EC-CUBEの売上は、お店の売上としてはEC-CUBEの売上管理で良いのですが、企業としての会計は、別の会計システムでの管理が必要になることが多いですよね。

商品管理システムというのは、サプライチェーンや会計システムとも連携していたり、それぞれが独自のものを導入されているため、EC-CUBEとの連携の方法はお客様毎に違ってしまうんですね。

これ以外にも、流通との連携や商品をカスタマイズして販売するような場合、商品の加工業者さんとの連携とか、外部のシステムと連携しなければいけない場面が様々あります。

「ECーCUBEへ機能を追加したい」

こちらは、販売機能でお店独自の機能を追加したい。
外部システムと連携したいんだけど、そのままでは必要な情報を得られないので、登録する情報を最適化したい。
管理画面で、効率化のために画面構成や操作方法を変更したい。
デザインやレイアウトも変更したい。

などなど、要望が尽きることはありません。

いかがでしょうか、カスタマイズは、お客様専用のEC-CUBEへ変更するということなので、それなりに費用がかかってしまうところが少し残念ですが、カスタマイズの機能の難易度や規模によって様々ですので、お気軽にご相談ください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。