こんにちは、ECCUBERの中村です。

今回は、ECCUBE4にGoogle Analyticsのトラッキングコードを設置し、PV数やユーザー数、オーガニック検索数などを測定ができるようにしていきたいと思います。

※本記事は、既にgoogleアナリティクスアカウントがあり、トラッキングコードが”発行済”という前提で書かせていただきました。

1.必要なもの

  • googleアナリティクスアカウント
    →事前にgoogleアナリティクに登録されていること、計測結果を確認するために必要です。
  • 対象のトラッキングコード
    →googleアナリティクスにて計測するためには、googleアナリティクスから発行される”トラッキングコード”が必要となります。
  • 対象サイト (ECCUBE4系)
    →ローカル環境でも問題ございません。本記事では、virtualboxに環境を立てたローカル環境で実施いたしました。
  • 対象サイト管理画面のログイン情報
    → 運営者を想定し、管理画面から設置を行います 。

2.アナリティクス設置方法

<設置方法>
設置方法は、大きく下記の2点がございます。

  1. 管理画面>コンテンツ管理から、ブロックを作成し、対象のレイアウトのheadエリアに挿入する方法 
  2. head部分にトラッキングコードを対象ファイルに直接追記する方法

今回は、技術者だけではなく、ECサイト運営者の方でも簡単に設置ができるように
「①ブロックを作成し、対象のレイアウトのheadエリアに挿入する方法」
で実装方法を確認したいと思います。  

設置方法は、とても簡単だと感じて頂けると思います。ご安心ください。

※ 設置作業の前に自身のgoogleanalyticsにアクセスし、リアルタイム計測で0(アクセスがないこと)であることを確認してください。
(設置もしてないので、あたり目ですが、、)

設置手順

手順1: GoogleAnalytic用ブロック(トラッキングコード本体)の作成

  1. 管理画面>コンテンツ管理->ブロック管理/「新規作成」を選択
  2. ブロック名、ファイル名を任意の名称を記載(※筆者は分かりやすいように「GoogleAnalytics」と記載いたしました。)
  3. 項目:コード に取得したトラッキングコードを記載し、登録を実行します。

筆者ではブロック名どのような目的のブロック名かが分かるように
 ブロック名:GoogleAnalytics 
といたしました。

手順2 : 対象レイアウトに作成したブロックを設置

「管理画面>コンテンツ管理->レイアウト管理」にて対象レイアウト(おそらく全レイアウト)に手順1で作成したブロックをドラック&ドロップで「<head></head>タグ内」に設置する。

念のため、フロントにアクセスし、head部分に設置されているか確認したいと思います。
キーボード:F12 を押し、コンソールのheadタグ部分にトラッキングコードが設置されていることを確認します。

※この時に表示されていないときは、「キャッシュ」が影響しているかと思われます。管理画面>コンテンツ管理>キャッシュ管理から、キャッシュをクリアし、再度フロントを更新してください。

確認ができれば、設置は以上となります。

では、googleアナリティクスのトップページに遷移してください。
「リアルタイム」にして、計測したいと思います。

少々(10秒~1分ほど)時間を置いてから、googleアナリティクスにて再度、確認してみると、アクセス数が1増えています。

これで、googleアナリティクスで集計が取れていることが確認できました。

今回は、ECCUBE4からアクセス情報などを集計できるようにトラッキングコードの設置を行いました。
ユーザー分析は、非常に重要です。googleアナリティクスのような分析ツールを使用して、エンドユーザーを解析し、販売促進に繋げていただければなと思います。

googleアナリティクスの設定やECサイトには欠かせない、Eコマースの設定についても、機会がございましたら、ご紹介させていただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。