こんにちは。
EC-CUBEを使ったECサイト構築のプロ集団“EC-CUBER”のWebマーケ担当です。

連日のコロナ感染者数増加で2度目の緊急事態宣言が出てしまいましたね。皆様ご存じの通り、昨今のコロナ騒動の影響で、ECを活用する場面が増えてきました。
あれ?そういえばEC-CUBERでは、ECサイト構築屋さんでありながら、まだ「ECサイトとは」のような基本的な記事を紹介していなかったな…ということで本日は「そもそもECサイトとは?」をテーマに、これからECサイトを始める方に向けてECサイトの基礎知識をご紹介したいと思います。

まず「ECサイト」とは?

まずECは、Electronic Commerce(意味:電子商取引)の略称で、ECサイトとは、販売者が商品やサービスを販売するウェブサイトを指します。
販売者はウェブサイトで商品やサービスを販売し、消費者はPCやモバイル、タブレット端末などからウェブサイトにアクセスし注文することで商品を購入することができます。

ECサイトにはどんな種類があるのか?

単店舗型

自社の商品やサービスを販売するために、独自で構築したサイト形式です。シンプルな作りのECサイトです。

BtoB型

BtoB ECサイトはEC-CUBERが得意とするところです。
名前の通り、BtoBですので、企業間取引のECサイトを構築します。
ID・パスワードなどで訪問に制限をかけ、自社と既にお取引がある得意先と、1対Nの関係で構築する「クローズ型」と、地方の法人など今まで営業担当者がリーチできなかったロングテール層の顧客や、新規顧客を広く開拓するため「スモールB型」があります。

オムニチャネル型

まず、オムニチャネル(Omni-Channel Retailing)とは、あらゆるチャネル(販売経路)を統合し活用することで売上アップをしようという試みのことです。
実店舗を持つ事業者などが、実店舗とECサイトの在庫情報・顧客情報を統合し一元管理すすれば、顧客は実店舗とECサイトの区別を意識することのないシームレスな購買体験ができます。

ショッピングモール型

大手メーカーなどが複数のブランドを持っているケースなどがありますよね。こうしたときにマッチするのがショッピングモール型の形態です。1つのECサイトの中に複数のEC店舗を構築させた状態を言います。

グローバル対応・越境型

国境を越えて国際的に商品やサービスの売買を行う通信販売形態のことを言います。
活用すればインバウンド需要のみならずMade in Japanを武器により広範囲の海外需要も獲得できるため、今後期待されるECビジネス形態として近年取り組みを強化する企業が増えています。


いかがでしたでしょうか?

では実際こうしたECサイトを作ったあとはどのような運用が必要になるのだろう?ECサイト構築後の運用イメージをつけたいという方はこちらをご覧ください↓
ECサイトはどのように運用する?

そもそもこうしたECサイトはどうやって作られるものなのだろう?という方はこちらをご覧ください↓
ECサイトを構築するには?

早速ECサイトを作りたいのでベンダー選定のポイントが知りたいという方はこちらをご覧ください↓
ECサイト開発会社の選び方