こんにちは。
EC-CUBEを使ったECサイト構築のプロ集団“EC-CUBER”のWebマーケ担当です。

ECサイトは、「フルスクラッチ」「パッケージ」「オープンソース」「ASP」これら4つの方法で構築することができます。

フルスクラッチ

フルスクラッチとは、つまりオーダーメイドという意味です。お客様がご希望するシステムを全てゼロから自前で制作します。ベースとなるものがなく(つまりシステム上の実装できるできないの制限が無く)、基本的に何でもできるため、自社にぴったりのECサイトを構築できます。ただし、ゼロから作るので納期は長くなりますし、パッケージ製品の導入等に比べると高価になります。

パッケージ

ERPソフトウェアなど特定の業務或いは業種で汎用的に利用できる既製の販売ソフトウェアのことです。土台がある状態からの開発になるので、ハーフスクラッチと呼ばれることもあります。最初からカート機能や受注・売上管理、顧客管理などECサイト運営に必要な機能が含まれており、そこにカスタマイズを加えることで自社独自のECサイトを構築できます。

ちなみにEC-CUBEはECサイトに必要な機能をパッケージ化したECオープンソースです。

オープンソース

企業や個人が開発した一般公開されているプログラムでライセンス費用がかからずシステム開発ができますという手法です。
自由度も高く独自のECサイト構築を行うことも可能ですが、開発にあたっては技術者が必要なこと、不具合や障害があった際には自社の責任で対応しなければなりません。セキュリティ面を考えれば、信頼できる開発ベンダーに依頼するのが安心でしょう。

ASP

プログラムやハードウェアを一切用意する必要がなく、インターネットを介してサイトの開店に必要なプラットフォームを利用することでECサイトが構築できます。しかし機能やデザインの自由度は低いのがデメリットとなりそうです。

EC-CUBERでは、EC-CUBEを活用して「ASPよりも自由に、フルスクラッチよりも低価格で」理想のECサイトを構築します。ご興味がある方は是非お気軽にお問い合わせくださいね。