この記事は3分20秒で読めます。

こんにちは。
EC-CUBEを使ったECサイト構築のプロ集団“EC-CUBER”のWebマーケ担当です。

コロナの影響で増えた「おうち時間」。
外出自粛生活をする中で、実店舗の売上低下とともに、ECサイトでの売上増加が起きているのは皆様ご存じだと思います。

いつになくECでの競争が激化している中、各企業は「おうち時間」を上手に使った商品企画やキャンペーンの仕掛けを作りうまくECサイトへの送客を行っています。

これからEC施策を考えている企業様や、はじめてのEC施策で何から考えたらいいか分からない方々に向け、実際に企業様で行われている施策を、4つのポイントに分けてご紹介します。

ご当地食品や手作りキッドを販売する

県跨ぎが禁止されるなど外出自粛が推奨される中では、いくら自分は健康体であっても、羽を伸ばしに旅行なども行けません。そんな今だからこそ、おうちに居ながらにして各地の名産品が手軽に食べられるようにECサイトにて販売する企業様がいらっしゃいます。

また、おうち時間を少しでも楽しく過ごせるように、誰でも気軽に高級フレンチや有名店の料理が作れるようなキッドを販売している企業様もいらっしゃいます。

おうち時間に関連するキーワードでSEO対策を行う

ところで皆様、おうち時間の楽しみ方ランキング上位をご存じでしょうか?

  • 1位 DVDや動画配信サービスでドラマ・映画鑑賞
  • 2位 なにもしない、頑張らない
  • 3位 片付け・整理
  • 4位 ゲーム
  • 5位 ガーデニングや家庭菜園
  • 6位 自宅エクササイズ
  • 7位 スイーツづくり
  • 8位 食事のデリバリー
  • 9位 電子書籍などで読書
  • 10位 食事のテイクアウト

(出典:https://rankingoo.net/articles/life/20200514-3/4より引用)

こうした上記トレンドを考慮し、お客様の商品選びのサポートという立て付けで、「おうち時間」や、「Stay home」など、自粛期間に多く検索されていたワードを使い、家具などの自社製品を紹介する記事を書くことで商品購買まで繋げられる可能性がありますよ。

商品紹介の仕方を工夫する

実店舗に行けなくなったことで、商品を直接見たり触れたり確かめたりできなくなりましたよね。

これはユーザーの購買意欲がそがれる原因にも直結します。

実店舗に行けない今だからこそ、あたかもお客様が実店舗でお買い物をするときのようにノンストレスな状態で商品が選べる、そんなユーザー体験を作れると良さそうです。例えば、写真情報だけでなく、動画を撮る、実際の使用イメージを載せる等の工夫をしましょう。

中止になったイベントをオンラインで実施する

開催予定のイベントがコロナの影響で中止になってしまうことも多々あると思います。

そんな時は、中止になったイベントをオンライン上での開催に変更している企業様もいらっしゃいます。ECサイトで商品を購入することで参加できる仕組みにして、集客するという施策です。

イベントを待ち望んでいた方はもちろん、開催場所への距離という物理的な問題で参加できなかった方も、オンライン参加であれば交通費がかからず、参加もしやすくなっているので、さらなる集客増加も望めます。

いかがでしたか?

関連記事