こんにちは。
EC-CUBEを使ったECサイト構築のプロ集団“EC-CUBER”のWebマーケ担当です。

以前、サイト集客を上げるためには、適切なキーワードを選ぶべきだという記事をご紹介しました。

本日は、より戦略的にキーワード選びをしていくために抑えておくべき情報をご紹介します。

Webサイトの基本構造と検索ボリュームの関係性について知ろう

Webサイトは一般的に「トップページ → カテゴリページ → 詳細ページ」という「ディレクトリ構造」と呼ばれる構造になっています。

サイト構造について

下層部分にある詳細ページは検索エンジンが「検索結果におけるサイトの表示順位上昇を判断する評価元」となり、「評価値(各ページが検索エンジンから得られる評価)を束ねるページ群」となるカテゴリページに内部リンクを通して評価を受け渡す構造となっています。

Webサイトはこうしたボトムアップ的な評価集約の形となっています。

つまり、上層部のページほどパワーを持っているということです。

では一体、上層部のページほどパワーを持っているということと、個別キーワードの検索ボリュームとの間にどんな相関関係があるかというと、検索ボリュームの高いキーワード(ビッグキーワード)は、評価が集まる上層ページでこそ獲得しやすいということです。

サイトの集客を上げるために、

  • 記事本数を増やす
  • 商品点数が重要

ということがよく言われますが、それはこの考え方がもとになっているのです。ただ、記事本数や商品点数を増やすだけでなく、ページの質を高めることで、より評価を多く集めることができ、成果につながる確度を高めているのです。

では戦略的にキーワード選びをしていくには、具体的にどうしたらいいのでしょうか?

サイトの成長度合いに合わせたキーワード対策をすべし