こんにちは。
EC-CUBEを使ったECサイト構築のプロ集団“EC-CUBER”のWebマーケ担当です。

サイトの集客を上げるためによく言われるのが、

  • 記事本数を増やす
  • 商品点数を増やす

ですよね。

しかし折角記事を公開しても、Googleなどの検索エンジンから評価されなければ、集客力の強いコンテンツには育っていきません。

ということで、「Googleから評価される記事の書き方」をご紹介します。

まず、Googleの評価軸とはどのようなものか?

Googleがウェブサイトを評価する基準としては3つの柱「E-T-A」があります。

それぞれ、

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

の単語の頭文字をつなげたものです。

Googleのアルゴリズムは、これまで何度もアップデートされてきましたが、E-T-Aは今までのアルゴリズム変更においても変わらない基本的なGoogleの評価軸です。

E-T-Aは具体的にはそれぞれ何を指しているのかというと、

Expertise(専門性)

ある事柄に詳しいサイトは専門性が高いサイトと言えます。ある事柄の詳細や関連する内容のコンテンツが十分な情報量掲載されている状態です。

専門性があるということは、そのぶん検索して入ってきたユーザーの疑問などに応えられる可能性が高いサイトということになります。

専門性のあるサイトは、その分野においてクオリティの高いコンテンツを提供する為、ユーザーの滞在時間やページ回遊率が高くなり、直帰率や離脱率が低くなります。

Googleの評価基準の根幹にあるものは「ユーザーにとって利があるサイトであるかどうか」のみだと考えても過言ではありません。

つまり専門性の高い高品質なコンテンツはユーザーに利があるのは自明なので、間違いなくGoogleに高く評価されるのです。

Authoritativeness(権威性)

例えば、政府機関や研究機関、また芸能人などのインフルエンサーや企業の公式ページなどから発信されるコンテンツのことを指しています。

権威性は、コンテンツの内容だけでなく、その内容を「誰が言っているか」を重視するものだということです。

Googleは権威性の例として医療機関を出しています。

Googleは医療の専門家ではないので、病気の予防や治療の情報が正しいか判断できません。

そこでユーザーに情報を届ける際は、個人の発信よりも医者やクリニックのアドバイスの方がユーザーにとって信頼できると判断し、上位表示させるのです。

Trustworthiness(信頼性)

信頼性とは、ユーザーにとって信用できる情報・サイト・運営者であるかどうかです。

例えば、あなたが新商品のシャンプーを買ってみようか悩んでいる場合、実際に使用した人のリアルなレビューと、使ったことのない人が憶測で書いたレビューでは、当然前者の意見の方が信頼性は高いですよね。

Googleも同じように、全社の方が信頼性があると判断します。

病気に関する情報であれば、病気を患った方の体験談はリアルな声であり、ある意味では医者の情報より信頼性があると判断される場合もあります。

NEXT…

ではGoogleの評価軸を把握した上で、次に実際何に気を付けて記事をかいていくべきなのかを見ていきましょう。→ブログ記事はUX最適化を意識して書こう