こんにちは。
EC-CUBEを使ったECサイト構築のプロ集団“EC-CUBER”のWebマーケ担当です。

記事コンテンツにおいて最も重要なのは文字通り情報の中身ですが、だからといって忘れてはいけないのが、「全てのコンテンツは適切にGoogleに評価してもらわなければならない」ということ。

Googleから適切な評価を受けるためには、適切なSEO対策を行う必要があります。それでは具体的に考慮すべきポイントを見ていきましょう。

metaタグを最適化する

皆様は、ご自身が検索したとき、膨大な検索結果の中から、主にタイトルをざっと見てから、自分が知りたい内容が書いてありそうなタイトルをクリックしますよね?

Metaタグを最適化するとは、まさにこのことを言っています。

検索結果画面に表示されるタイトルは<titleタグ>、タイトルの下に数行書いてある説明文は<descriptionタグ>と呼ばれるSEO上きわめて重要な要素です。

つまりtitleタグとdescriptionタグは最適化しておくことは、CTR(クリック率)に大きく影響するのです。できるだけ競合サイトにはない独自のタイトルをつけられるように工夫しましょう。

h1タグにはキーワードを含めよ

記事ページで一番目立つ「大見出し」(h1タグ)は、検索結果のランキング要因になりうるのでキーワードを含有させることが推奨されます。内容は記事を端的に表したものが望ましいでしょう。

以下、h2~h6の小見出しタグについては、それぞれの役割から記事の見やすさを考慮して活用しましょう。過度に使いすぎると検索エンジンからの評価を下げてしまう原因となるためNGです。

被リンクの多いコンテンツを目指す

被リンクは外部サイトからのリンクのことです。被リンクはコンテンツがいかに信頼されているかを測る指標だと考えられているため、検索上位を目指すSEOにおいてかなり重要視されています。

だからといって、不正に被リンクを獲得するのは、言うまでもなく悪手であり、ペナルティの原因になります。

被リンクはあくまでも自然に増やさなければなりません。小手先の外部施策やリンク購入などはリスクが非常に高く、重いペナルティを課せられて、インデックスから削除される恐れもあります。被リンクを集めやすいページの筆頭は、やはりサイトのTOPページです。ほかにも初心者に向けた解説、ノウハウ系の実際的な知識、インパクトのあるニュース系のコンテンツは比較的被リンクを集めやすいようです。

できる対策としては、「このコンテンツを誰かに紹介したい」と思わせることが被リンク獲得への一番の近道ということです。

共起語を活用しながら記事を作成

共起語とは、あるキーワードとともに頻出する関連性の強い単語を指します。

例えば「旅行」に対する共起語は、ツアー、国内、ホテル、温泉、東京、おすすめ、などが挙げられます。

このような共起語がキーワードとともに適度に含まれていると、専門性が高い、情報が網羅されている、あるいは検索クエリに対して関連性の高いコンテンツである、としてGoogleから高く評価されます。

また、共起語はキーワードから連想しやすい単語で構成されているため、ユーザーの理解度を深めてくれる手助けの役割も果たしてくれます。

ただ、注意すべき点は、考え無しの多用は逆にユーザーの読みにくい文章になってしまうということです。

基本的に、良質なコンテンツを作っていれば、おのずと含まれてくるのが共起語なので、あまり強く意識する必要はありません。あくまでもユーザーニーズを満たす質の高い記事を書くことを第一に考えればよいでしょう。

NEXT…

最後に、こんなコンテンツは書いちゃダメ!をご紹介します。