この記事は4分00秒で読めます。

こんにちは。EC-CUBEを使ったECサイト構築のプロ集団“EC-CUBER”の大須賀です。
今回はB2BのECサイト構築を検討する際に考慮すべきポイントをご紹介したいと思います。

B2BのEC市場について

はじめに、B2BのEC市場について確認したいと思います。
下記のグラフをご確認ください。


電子商取引に関する市場調査
https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200722003/20200722003.html

まず、市場動向として、2019年度のBtoC市場における日本国内のEC市場規模は19兆3,609億円EC化率は6.76%で市場規模が対前年比7.65%増になっています。
さらに現在のコロナ禍の時代においては、テレワーク等仕事のスタイルも変化しており、今後もあらゆる産業においてオンラインの需要が高まってくるものと思われます。
このような中、ECサイトを活用した企業間取引を検討する中で、考慮すべきポイントを次に記載します。

B2B-ECサイト構築検討時の考慮点について

ECサイト構築を検討するうえで考慮すべきポイントを4つほど記載します。

  1. 商習慣のシステム化
  2. 早期リリースを意識した検討
  3. システム化における検討軸(フロントサイド、バックエンド)
  4. 拡張性のあるプラットフォーム

①商習慣のシステム化

B2Cサイトと比較して、B2Bサイトの構築にあたっては、企業間で行われる独自の商習慣やビジネススキームがあり、現状の電話・FAXでの取引からECサイト上への取引にストレスなく移行をしてもらわなければなりません。

ついては今まで担当者が行っていた電話・FAX業務やエクセルなどで計算していた作業、また属人的に頭の中だけに存在しているロジック等をシステム上に実装していくイメージとなります。

まずはこの点が、B2BのECサイトを構築するうえでのB2Cとの大きな違いとなります。

②早期リリースを意識した検討

この時に気を付ける点としては、今まで行ってきた業務をすべて初期にシステム化しようとすると、そもそも検討に時間がかかり、システムの無駄な複雑化や構築コスト、期間の増大を招いてしまいます。

限られた予算・期間の中においては、これを機会に業務フローの見直しを行いつつ、システム化が必須なものとそうでないものを見極めたうえで、まずは短期間でサイトを立ち上げ、早い段階で業務効率化・売上向上につなげていくことが望ましいと考えます。

③システム化における検討軸(フロントサイド、バックエンド)

また、検討にあたってはフロントサイドとバックエンドに分けて考える必要があります。フロントサイドとは商品検索、ショッピングカート、マイページ、決済などの機能が該当しますが、ここはお客様目線に立って、「どうしたらこのECサイトを面倒と思わずに使ってもらい、購入を検討・決定してもらえるか」ということに意識をして検討する必要があります。
(例えばリピート注文に対して最短の時間でいつでも購入してもらえるにはどのような作りにしたらよいか、など。)

バックエンド側は受注・配送管理、在庫管理、顧客管理、売上集計などの機能が該当しますが、こちらは運用担当者がいかに効率的に業務を回せるかを意識して検討する必要があります。
(例えば最短の時間で日々の商品を登録・更新できるようにするにはどのような作りにしたらよいか、など。)

④拡張性のあるプラットフォーム

システム構築後、しばらくサイトを運営していると、システム上使いづらい部分やビジネス環境の変化に伴って追加の機能が必要になったり、サイトへの流入数やお問い合わせ数が伸び悩んできたり、更新頻度が増えて運用の手間が増えてきたりといったことが起こってくることも考えられます。

このような中でシステム側も常に変化・成長し続ける必要がある為、これらに柔軟に対応できる拡張性の高いプラットフォームを選択する必要があります。

以上、簡単ではありますが上記のような観点で、頭の中を整理する際にお役に立てていただければ幸いです。

弊社ではB2Bサイトの構築を検討しているお客様のお悩みを解決すべく上流の検討からアプリケーション開発・インフラ構築・保守運用に至るまでAtoZでご支援をさせていただきます。詳細な構築事例は以下をご参照ください。

B2Bサイト構築に必要な機能例
 https://ec-cuber.jp/service/strong02/#

構築・カスタマイズ事例
 https://ec-cuber.jp/service/strong02/#

まずはお気軽に何でも以下までご相談ください。
ECサイト構築について
まずはお気軽に何でもご相談ください。
▼問合せフォームから相談してみる。
https://ec-cuber.jp/contact-us/
▼メールで相談してみる。
  sales_ec@ids.co.jp
▼電話で直接相談してみる。
  03-6386-3652
▼EC-CUBERは、総合的なECソリューションをご提供するEC-CUBEのプロフェッショナル集団です!
https://ec-cuber.jp/service/