この記事は2分30秒で読めます。

皆さん、こんにちは。 今回はEC-Cube3系のデバッグ機能として
Symfony2のプロファイラー機能が使えるようなのでご紹介したいと思います。

プロファイラー機能を使用するにはまずデバッグモードを有効にする必要があります 。
有効にするにはデバッグしたいサイトのURLにindex_dev.phpを加えてアクセスします。

例えばデバッグしたいURLが https://example.com/test の場合は、
https://example.com/index_dev.php/test となります。

デバッグモードを有効にした状態でアクセスすると
表示されたページの画面下にSymfonyのプロファイラーが表示されます。

もしツールバーが表示されず、

You are not allowed to access this file. Check index_dev.php for more information.

というメッセージが出た場合はindex_dev.phpにアクセス元のIPを登録する必要があります。

index_dev.phpを開くと以下のような許可するIPの配列が記述されています。

$allow = array(
    '127.0.0.1',
    'fe80::1',
    '::1',
);

ここにアクセス元のIPを記述し再度アクセスすればSymfonyのプロファイラーが表示されるようになります。

SymfonyのプロファイラーにはDBへのクエリが確認できたりと便利な機能がいろいろあります

ぜひSymfonyのプロファイラーを使って良きEC-Cubeのデバッグライフを!

さて、
弊社はシステムインテグレータで、ECサイト構築のプロフェッショナルですが、ただ構築するだけでなく、「売上を上げてナンボ」の名の下に、収益を上げるECサイト構築します。
構築後の広告・キャンペーン等のプロモーション、各施策まで踏み込み、お客さまとともに収益向上の実現に向けて全力サポートをお約束します。
まずはお気軽に何でも以下までご相談ください。
ECサイト構築について
まずはお気軽に何でもご相談ください。
▼問合せフォームから相談してみる。
https://ec-cuber.jp/contact-us/
▼メールで相談してみる。
  sales_ec@ids.co.jp
▼電話で直接相談してみる。
  03-6386-3652
▼EC-CUBERは、総合的なECソリューションをご提供するEC-CUBEのプロフェッショナル集団です!
https://ec-cuber.jp/service/