EC-CUBEを活用したB2B ECサイト開発のスペシャリスト

BtoBでのECに関する市場規模は344兆円超(2019年経済産業省調べ)であり、BtoCでのEC市場の20倍もの規模があります。
当社は2014年のサービス提供開始以来、企業間取引(BtoB)におけるEC活用を積極的に支援・推進しており、多数の実績がございます。
BtoB取引のEC化に必要な機能は、BtoCに求められる機能とは大きく異なるため、BtoB取引特有のノウハウが必要となります。
当社では、EC-CUBEのBtoB対応版”EC-CUBE B2B”の開発を行っております。
EC-CUBEを活用したBtoB EC開発のスペシャリストとして、 ビジネスモデル、商材ごとに異なる多種多様な商慣習に対し、
オーダーメイドで機能開発を行い、実用性の高いBtoB ECサイトの開発を行っております。

B2B ECサイトを開発する上でのポイント

集客機能

既存顧客に対する利便性の追求がポイント

BtoCのECサイトの集客課題の多くは新規顧客の創出(サイトへの流入)ですが、BtoBのECサイトでは、既に取引のある顧客との取引をECシステムに誘導することが課題となります。つまり、現状、対面・メール・FAX・カタログ注文などで取引を行っている顧客に対して、利便性を損なわず、かつ付加価値を提供していく事が BtoB ECサイトの集客施策として重要なポイントです。

BtoB ECサイト 集客機能の一例

一括注文購入機能(クイックオーダー

カタログを中心に販売しているお客様等に対して商品NOと数量だけを一覧画面から入力して一括受注登録ができる機能を実装します。


顧客管理機能

取引先企業の商慣習への対応がポイント

BtoB ECサイトでは顧客が個人ではなく企業単位となるため、顧客管理を行う上で、人と企業の関連付けを行い、企業単位での取引上のルールを反映させるなどの対応が必要となります。(仕切り価格、締め日、配送手段、与信上限、決済手段など)

BtoB ECサイト 顧客管理機能の一例

取引先管理

取引先と取引先に紐づく会員の管理機能を実装します。 

事例を詳しくみる

取引先別の商品・価格設定

取引先毎の掛け率に応じた価格表示、商品毎の掛け率設定 、ボリュームディスカウント設定が可能です

事例を詳しくみる

取引先別お気に入り商品登録

管理者側で取引先別に商品を限定して登録しておくことが可能です。

荷姿対応

「ケース」・「バラ」等商品を配送する際の荷姿の設定を行います。


商品管理・受発注機能

大量購入、リピート購入への対応、品番検索等の詳細な検索機能の提供がポイント

BtoB ECサイトの大きな特徴として、大量購入や定期的なリピート購入があります。また、部品購入に際して品番、JANコード、カタログNo.などで検索できるようにしたいというニーズが非常に高いのも特徴といえます。その為、商材ごとの単位(ダース、ケース、カートンなど)への対応、購入数に応じたディスカウント対応、再購入などのリピート購入機能、品番検索を実現する詳細で利便性の高い検索機能など、BtoB ECサイト固有の機能を提供する事が必要です。

BtoB ECサイト 商品管理・受発注機能の一例

最低注文数量・金額の制御

最低注文数量や最低注文金額の設定が可能です。

事例を詳しくみる

BtoB、BtoC混在システム

BtoB、BtoCが混在したサイト管理が可能です(掛率の制御等)

事例を詳しくみる

小数点対応

業務用に大量購入を前提に価格が安くなっている場合や、ケースや箱での販売になっているため、 部品や包装資材などは、その単価が小数で表現できるよう設定をします。 

リピート注文機能

定期通販など、決まった消耗品を継続的に購入するサービスが浸透してきており、B2Bでは商品の利用目的上その傾向が極めて強くなります。そのため、以前買った商品を今回も購入、といったリピート注文が「簡単」に行える機能を実装します。


決済機能

BtoB特有の決済手段(売掛、見積発行)への対応がポイント

BtoB取引での決済手段は、売掛(月締め請求書の発行)で行われることが殆どです。その為、BtoB ECサイトでは、与信金額の管理、請求書、見積書の発行
などの機能が必要です。

BtoB ECサイト 決済機能の一例

見積機能

カートに商品を投入後、購入前に取引先にて購入する商品を一覧化し、見積書を作成。見積履歴、見積有効期限の管理も行います。

事例を詳しくみる

請求書・納品書

ECサイト管理画面からの請求書・納品書発行が可能です。

事例を詳しくみる


システム間連携

メインの業務システム(基幹業務システム)との連携がポイント

BtoBでの取引は、リアルとEコマースが並行して行われることが多く、それぞれを管理するシステム間の連携が、業務効率において重要となります。
顧客、商品、在庫、受発注といったデータを基幹業務システムと連携する機能を提供し、取引全体の可視化、業務効率化を実現します。

BtoB ECサイト システム間連携機能の一例

基幹連携

受注、出荷、在庫、掛率、取引先情報等を基幹システムと
連携します。(バッチ・API)

取引先とのEDI連携

受注・発注、請求・支払、納品・出荷等において企業間のEDI連携を行います